FC2ブログ

神童と言われたバイオリニスト

昨日何気なくYouTubeを見ていたら、可愛い男の子が舞台でバイオリンを弾いている映像がありました。タイトルを見ると
アンドレ リュウと3歳のバイオリニスト アキム カマラ」とありました。


3歳ね.....うちの息子たちがそれぐらいの頃は、遊ぶことしか考えてなかったみたいですが.....アキム君は舞台に立っても全然物怖じしません。プロの奏者に比べれば確かに技量は劣っていますが、3歳という年齢を考えるとすごい!アンドレ リュウはアキムが2歳の時から知っていて、非常に才能があると絶賛してます。しかもアキムは出てくるなり観客を笑わせたりして....







Akim Camaraは2000年9月26日にベルリンで生まれました。父親はアフリカ系、母親はヨーロッパ系の混血少年です。



アキムは2歳のときにバイオリンのレッスンを受け始めました。まだオムツをして片言しか話せませんでしたが、聴いたメロディーはすぐ覚えてしまうし、オーケストラの楽器の名前は全部知っていました。



この記憶力の良さと音楽耳に感銘を受けた
Marzahn-Hellersdorf音楽学校のBirgit Thieleが、1レッスン45分で週2回指導することになりました。



記憶力がすばらしくよかったし、喜んで一生懸命練習したためにアキムはあっという間に上達し、6ヶ月後の2003年12月に
Marzahn-Hellersdorf音楽学校のクリスマスコンサートで初めて舞台に立ちました。



Birgit Thieleと音楽学校の校長Gudrun Muellerは、著名なオランダのバイオリニスト、アンドレ リュウのウエブサイトを通してアキムの神童ぶりをアンドレに伝えると、アンドレは早速、カメラマンをベルリンに派遣してアキムの演奏を撮影させました。



アキムの演奏に感嘆したアンドレは、すぐさまアキムと両親、祖母をオランダの自分のスタジオに招待しました。そこでの演奏は、アンドレばかりかオーケストラ全員を魅了したのでした。そして上の動画のコンサートをすることになったわけです。このコンサートには18000人の観客がつめかけたそうです。



この大成功でドイツのマスコミがアキムに群がりました。テレビ出演の依頼も相次いだようです。しかしアンドレはアキムの才能が、神童と騒がれることで損なわれることを怖れました。そこでバイオリンやピアノのレッスンの費用をすべて引き受け、アキムがふつうの少年として静かに暮らせるようにあらゆる配慮をしました。


だからあまりコンサートの映像がないのですね。
しかしいくつかはあります。

これは5歳のとき、NYでのコンサート。やはりアンドレと一緒です。リハーサルの光景から映してます。とにかく、すごくいい耳をしているのと、たいへん物覚えがいいそうです。






あまりマスコミにさらされないように配慮するというのは、実に懸命な判断と思います。それで壊れちゃう神童も多いわけですから。



日本にも、神童と言われ、あの100万ドルトリオのバイオリニスト、ハイフェッツから100年に一人の天才と絶賛された
渡辺茂夫がいました。NYの名門音楽学校ジュリアードに入学しながらも、当時の経済状況から耐乏生活を余儀なくされ、人間関係に悩んだ果てに睡眠薬で自殺を図り、バイオリニストとしては挫折してしまいました。彼の場合はマスコミに騒がれたことで壊れたわけではないようですが、芸術家というのは私たち凡人にはわからないような繊細さがあるのでしょうね。



次の演奏はシューベルトですが、これは13歳のときの演奏のようです。私はシューベルトが好きですが、彼の曲の多くはそこはかとない寂しさがあります。渡辺茂夫のこの演奏も美しく物悲しい。








これは渡辺茂夫7歳のときの演奏








これは2009年とありますからアキムが9歳のときでしょうか。リチャード クレーダーマンとの共演です。










これは、ほぼ現在のアキム君。すくすくと才能を伸ばし、すばらしいバイオリニストになってもらいたいものです。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

harunoume2016

Author:harunoume2016
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR